犬蔵線

・た81系統(午前内回り):たまプラーザ駅~宮前美しの森公園~くすのき公園~美しの森中央~たまプラーザ駅
・た82系統(午後外回り):たまプラーザ駅~美しの森中央~くすのき公園~宮前美しの森公園~たまプラーザ駅
・た83系統:たまプラーザ駅〜向ヶ丘遊園駅南口(川崎市バスと共同運行)

2009年11月1日に新規開設された、虹が丘営業所管内で一番新しい路線です。犬蔵地区に開発された大規模団地とたまプラーザ駅を結ぶ1周約10分の循環系等で、12時を境に内回り・外回りが入れ替わるのが特徴的です。また、たまプラーザ駅~美しが丘2丁目交差点までをのぞくほぼ全区間が単独区間になっているのも特徴的です。

また、2016年8月1日より、路線バス社会実験として向ヶ丘遊園駅南口までを結ぶ「た83」系統が新設されました。当初は2017年1月末までの実験運行とされていましたが、3月末まで暫定運行された後、2017年4月1日からは本格運行となりました。日中・夕方のみの運行となっています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です