虹が丘団地~すすき野団地

nj556-043
NJ556-2011.8

虹が丘ツートップの運行本数を誇るあざみ野線と団地線が重なるこの区間は、早朝から深夜までひっきりなしにバスが通っています。
写真のようにバスが3台連なってくることも。これも日常的な光景です。

google mapで表示


柿生中学校下~柿生駅前

2007.3NJ554-2007.3

田園都市線方面に向かうバスが乗り入れている小田急線柿生駅南口。2007年3月までは駅のすぐ前までバスがやってきていました。
東急バスでも数少ない狭隘区間であり、最も狭い箇所については両端に誘導員が配置され、バスが通る時は対向車とすれ違うことが無いようにしていました。


保野

nj1851-262

NJ1851-2011.8

保木から続く丘の上にある保野停留所。美しが丘西地区の住宅街にあり、朝ラッシュ時はたまプラーザ駅行きのバスを待つ長い列ができています。
最近のダイヤ改正でも、たまプラーザ駅~王禅寺東三丁目の区間は増便傾向にあり、一方で柿生~すすき野団地方面の便は減便されています。

google mapで表示


柿生駅前~柿生中学校下

nj1854-150
NJ1854-2011.11

虹が丘管内でも数少ない狭隘箇所であった柿生駅前の商店街。2007年4月から柿生駅南口の暫定バスターミナルの使用が開始され、柿生駅前まで乗り入れることはなくなりました。
写真は現在も路線バスが通っている狭隘区間。信号がないため、バス同士がスムーズにすれ違えるよう、警備員が常時配置されています。


より大きな地図で 虹バス・フォトマップ を表示


柿生中学校下~森ヶ丘団地入口


NJ355-2013.08(Photo:a27)

ここ柿生中学校から森ヶ丘団地入口間の切通しの地点には、かつて柿生隧道というトンネルが存在していました。
昭和26年に川崎市初の道路用トンネルとして開通しましたが、昭和53年からは現在と同じ切通しとなっています。

Googleマップで表示