東急バス, 虹が丘営業所

東急バス NJ1855

1999年式 いすゞ:KC-LV380N ボディ:IBUS 川崎200か・・57
所属:虹が丘
虹が丘団地にて-2011.11.17
秋らしい街並みの中を進むNJ1855。こんな光景も今年で最後になってしまうのでしょうか。


たまプラーザ駅にて-2005
方向幕時代のNJ1855。嶮山循環の方向幕は非常に独特なもので、LEDではまず表現出来ないと思います。
虹が丘団地~すすき野団地にて-2010
ラッシュ時のあざみ野線に充当するNJ1855。朝ラッシュ時のあざみ野線は、2分~4分間隔で運行されており、この区間は団地線も並走しているのでバスはひっきりなしに通ることになります。
虹が丘団地にて-2010.9
キュービックの稼働率は低くは無いですが、この場所でツーステップバスを見ることは確実に減ってしまいました。
鷺沼駅にて-2011.4.15
桜舞い散る鷺沼駅にて撮影した1枚。こんな姿を見れるのも今年が最後かもしれません。
柿生駅前にて-2011.8.2
王禅寺坂上経由の柿02系統で出庫してきたNJ1855。
たまプラーザ駅にて-2011.8.2
あざみ野線の通称「裏たま」系統に充当してたまプラーザ駅南口にやってきたNJ1855。乗客は決して多いとは言えませんが、神奈中バスの買物バスと同じような存在で、日中は毎時2本が運行されています。
宮崎小学校~寺台にて-2011.8.8
虹が丘らしくない?!国道246号線を走行するシーン。走行すると言っても200メートルほどで、信号1つ分のみです。
商店街入口~たまプラーザ駅にて-2011.9.16
嶮山線に充当するNJ1855。ツーステップバスの数も少しずつ減ってきているため、このように日中に撮影することもなかなか難しくなっています。
虹が丘小学校~虹が丘団地にて-2011.11.1
「ノッテちゃん」ステッカーが貼られ表情が変わったNJ1855。このステッカーといい、E-Linerの横断幕といい、20周年記念らしい姿となっています。
柿生駅北口にて-2011.11.10
市が尾線に充当した際に撮影した写真。この場所で見る虹が丘のキュービックはまだ違和感があります。


One Comment

  1. Pingback: 虹が丘団地付近 | 虹バス写真館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA