東急バス, 虹が丘営業所

東急バス NJ424

■車両データ
登録番号年式メーカー型式車体
川崎200か・322 2003 日産ディーゼル KL-UA452KAN 西日本車体
所属 川崎→虹が丘(2010.9)→除籍(2015.10)
二子玉川にて 2015.8

二子玉川にて 2015.8

2015年10月に新型エアロスターに置き換えられる形で除籍となったNJ424。当初は目立つ存在だった虹が丘の西工ボディも、気がつけば登場から5年が経過していました。
写真は二子玉川高島屋~祖師ヶ谷大蔵駅を結ぶシャトルバスでの一コマ。これまで中型車が使用されてきたこの輸送ですが、大型車のNJ424も充当されていました。




よみうりカントリーシャトル@京王線稲城駅-2010.12
川崎営業所廃止時に425号と共に虹が丘営業所に移籍したUD車。これまで最近はUD車とあまり縁のなかった虹が丘営業所ですが、2010年9月~10月に4台が移籍してきました。

よみうりカントリーシャトル@京王線稲城駅-2010.12
同時に移籍したNJ425号と。用途外輸送に何か制約があるようで、この時は日野・UDオンリーの運行となっていました。

た41@すすき野団地~虹が丘団地-2011.1.4
虹が丘営業所らしい場所で見ると、西工はまだ違和感があります。まさか西工の虹が丘営業所表示を見ることになるとは夢にも思いませんでした。

柿23@柿生駅北口-2011.1.28
2010年7月に移管となった市が尾線、柿23系統。まだ虹が丘所管になって日が浅い為か、そこまで違和感を感じません。

美しが丘西一丁目にて-2012.2
学区の広い元石川小学校のスクールバスを担当したNJ424。貸切ではなく、一般の路線バスとして運行されています。
このスクールバスは、蓬谷戸始発の1便と美しが丘西始発の2便が運行されており、便番号が書かれたマグネットが入口付近に貼られています。系統番号の無いシンプルな行先表示が特徴です。
たまプラーザ駅にて-2012.5
虹が丘営業所には5台しか在籍していない日産ディーゼル車、全て西日本車体工業のボディを架装しています。
写真のNJ424とNJ425は川崎営業所出身で、移籍前は川崎駅発着の路線を中心に活躍していました。
IMGP4161柿生駅にて-2013.1
毎年1月28日に開催されている麻生不動だるま市。不動院の近くを通る柿生線も通常のダイヤ以外に臨時の増強便が運行されます。運行に携わる車両は、フロントに大きなヘッドマークが掲げられるのが特徴です。
虹が丘営業所では少数派となる西日本車体の車両ですが、今年は4台中3台が使用されていました。


One Comment

  1. Pingback: あざみ野団地付近 | 虹バス写真館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA